大阪門真市の内視鏡(痛くない鼻から胃カメラ),直腸検査(大腸ファイバー)

主な診療内容

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

胃カメラは今や上部消化管の症状を訴えられる場合、まず最初に行う検査と位置付けられています。以前は先に胃透視をするといった考えもありましたが、胃カメラの方が小さな病変でも発見することができ、さらに胃透視で異常があれば結局胃カメラをしなければ確定診断ができないため、最初から胃カメラを行うことが多くなっています。また症状がなくて胃カメラを検診として行っても何ら問題はありません。

当院では開院当初よりオリンパス社製EVIS LUCERAシリーズの細径の内視鏡を導入し、高い精度で苦痛の少ない検査を提供できるように努めてまいりました。さらに平成19年4月からは経鼻内視鏡も導入しました。経鼻内視鏡を受けた人のアンケート調査によると約95%が従来の経口内視鏡より楽と回答しており、苦痛の程度も約3分の1に軽減するという結果でした。さらにただ楽なだけではなく、今まで当院で使用していた内視鏡と同じCCDを使っているので、検査の精度は落ちることはありません。もちろん「今まで口からして何ともないから鼻からはちょっと・・・」という方や「やっぱり鎮静剤を使わないと絶対無理」という方には今まで通りの方法で行います。このように当院では患者様に合った検査方法を選んでいただけます。いくら精度が高くても検査を受けてもらわなければ何にもなりませんし、いくら苦痛が少なくても精度が低ければ検査の意味がありません。初めて胃カメラを受けようと思っているけど怖いという方、前に受けたけど苦しかったという方は是非一度相談にいらしてください。

検査日・・・月~土曜日のAM8:30(午前の診療中でも可)

費用の目安
  • 観察のみの場合:4000~5000円(3割負担の方)
  • 組織の検査などを行った場合:10000円前後(3割負担の方)
※1割負担の方は上記の1/3を目安にしてください
上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

下部消化管内視鏡検査(大腸ファイバー)

大腸ファイバーは下部消化管の症状がある場合にも行いますが、最も多いのは検診の便潜血検査で陽性反応がでて受けるケースだと思います。便潜血検査が陽性になった場合、現在は大腸ファイバーを受けるよう勧められています。注腸検査は何らかの理由で大腸ファイバーができない或は大腸ファイバーで全大腸を観察できなかった場合に行うことになっています。さらに大腸ファイバーならポリープがあればその場で切除も可能です。当院でも小さなポリープであればその場で切除し、終了後は自宅へ帰っていただけます。(日帰り手術)

検査日・・・月・火・木・金曜日のPM1:30
※大腸ファイバーを行う時には苦痛を軽減するため鎮静剤を使用します。

費用の目安
  • 観察のみの場合:5000~6000円
  • 組織の検査を行った場合:10000~15000円
  • ポリープの切除を行った場合:20000~30000円
※1割負担の方は上記の1/3を目安にしてください
下部消化管内視鏡検査(大腸ファイバー)

腹部超音波検査(腹部エコー)

腹部エコーは全く侵襲や苦痛がなく、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓を検査できます。消化器内科医にとっては聴診器代わりとも言えるもので、血液検査で異常があったり腹部症状があった時に最初に手軽に行える検査です。また慢性肝疾患や胆石、胆嚢ポリープなどがあれば年に2~4回の検査が必要です。

検査日・・・診療時間内なら随時可能

頸動脈超音波検査(頸動脈エコー)

頸動脈エコーでは左右の頸動脈壁の厚さを計測し動脈硬化の指標とします。また、頸動脈内のプラーク(脂肪や血の固まり)の有無を検索します。もしプラークがあれば脳梗塞の危険が増すので、コレステロールの管理を厳重にする必要があります。

検査日・・・診療時間内なら随時可能

竹内医院からの「ちょっと知ってもらいたいこと」「生活習慣病」は日頃の生活が引き起こす非常に怖い病気です。

糖尿病は生活習慣病の代名詞とも言える疾患です。糖尿病には高脂血症、高血圧症などの他の生活習慣病や末梢神経障害、網膜症、腎症などがしばしば合併します。また、心筋梗塞や脳梗塞などの発症率も高くなります。糖尿病ではこういった合併症が致命的になります。糖尿病自体が悪化して血糖値が高くなり命を落とすことは、医療が進歩した現在ではほとんどありません。ですから血糖のコントロールはもちろんのこと、これらの合併症対策が非常に重要になってきます。当院では大学病院での経験と最新の知見を基に糖尿病を始めとする生活習慣病の治療を行っていきます。ただし最も重要なことは患者さん自身が食事療法などの生活習慣の改善を行うことです。これができなければどんな治療も効果がありません。

このページのトップへ戻る

Copyright © 2011 TAKEUCHI CLINIC All Rights Reserved.